肩こりと胃下垂

20代女性が肩こりを訴えてご来院されたケースです。

今回は意外と多い内臓下垂が起因する肩こりでした。

 

肩こりの原因:内臓下垂

この女性は背中から首、肩にかけて張っているような固くなっている感じがあるそうです。

検査してみると、胃・腸・膀胱・子宮が下垂しています。

全体的に内臓に元気がないようでした。

 

実は内臓下垂があると、肩に症状が出やすいのです。

内臓下垂を正しい位置に整え、内臓疲労の原因も検査・施術いたしました。

 

さらに脊柱頸椎6番と7番に捻じれがありました。

 

ここまでで、肩こりの症状が大幅に軽くなったと思いますが、さらに右腎にトラブルがありましたので施術いたしました。

大分軽くなったようです。

 

さらに全身を検査し、整えました。

ストレスや自律神経が乱れ気味でした。

内臓下垂になりやすい要因です。

 

この女性のように、胃下垂・内臓下垂で肩こりもあるという方は珍しくありません。

この場合の肩こりの原因は内臓の弱りであることが多いようです。

 

日常的に出来ることをお伝えいたしました。

 

仙台市青葉区の当整体院は肩こりと内臓下垂は得意中の得意です。

一向に改善されない、辛い肩こりは仙台の伊達な整体院にご相談ください。

 

内部リンク

 

 

 

あわせて読みたい