肩こり case4 噛みしめ

肩こり専門の当整体院にご来院の方の症例をご紹介いたします。

長年の首と肩のコリでご来院していただきました。

 

肩こりと噛みしめの原因

当整体院では必ずチェックしている項目の一つ、噛みしめ。

無意識に歯を噛みしめてしまって、それが全身の症状として現れる場合が非常に多いです。

 

歯医者さんに行って、歯がすり減っていますと指摘され、マウスピースをはめる人も多いですね。

その方々に、肩こりや頭痛でお悩みの方は高い割合でいらっしゃるようです。

 

当整体院ではこうした肩こりの原因の噛みしめの原因までも詳細に検査しています。

 

今回ご来院の方の場合、訴えている肩こりの原因は、ストレスが60%、噛みしめが30%、左脳の後頭葉のトラブルが10%ほど影響しているようでした。

さらに噛みしめの原因を調べてみると、ストレスが60%、睡眠障害・自律神経が30%ほどでした。

これらを整え、さらにどのようなストレス意識を抱いているのかをチェックしお伝えいたしました。

 

施術後と施術前の肩こりのレベルを比較していただいたところ、大幅に軽くなったとの事でした。

 

 

この方のように、無意識に歯を噛みしめている方が非常に多く見受けられます。

噛みしめの原因がストレスやネガティブな感情であることがほとんどで、精神的なアプローチをすることで症状により効果的だと考えています。

 

 

仙台で肩こりの施術家をお探しなら、仙台市青葉区の伊達な整体院にご相談ください。

 

 

内部リンク

 

 

あわせて読みたい