消化器系専門整体

伊達な整体院は消化器系を専門とする整体院です。

特に胃下垂・腸下垂などの内臓下垂では東北一の施術レベル・来院数を誇ります。

逆流性食道炎や胃炎など消化器系に症状をお持ちでしたら、仙台市の伊達な整体院にご相談ください。

 

消化器系

消化器系は食べ物の消化と吸収を行う器官です。

口から始まり肛門まで繋がっている消化管と、消化液を分泌する肝臓、胆嚢、膵臓からなっています。

いろんなものを体内に取り入れる臓器のためいろんな症状が現れます。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、胃がん、腸炎、膵炎。

飲酒や食べ過ぎによる胃痛、胃もたれもあります。

 

またストレスを感じた時に不快な症状が現れる部位でもあります。

例えば、胃がきりきりする場合や、お腹が下るなどです。

 

慢性的な胃下垂・腸下垂や腹部膨満感でのご来院もかなりあります。

 

食生活の欧米化による疾患・症状はまさに現代病というほど増えてきているようです。

消化器系の癌は日本人に特に多く、早期発見・治療が大切です。

 

食道

咽頭と胃の間の約25cmの管です。

頸部、胸部、腹部に分けられます。

括約筋による蠕動運動が行われています。

食道の主な疾患・症状

 

胃は食道から送られてきた食べ物を一時的に貯留し十二指腸へと送ります。

胃底部・胃体部・幽門部に分けられ、食道から胃底部の入り口の噴門と十二指腸への出口を幽門と呼びます。

胃の主な疾患・症状

 

十二指腸

小腸の一部です。

胃から届いた食物は十二指腸で消化酵素と混ざられ消化されます。

十二指腸の主な疾患・症状

 

小腸と大腸に大別され、小腸は消化管の8割を占め2~3mに及びます。

小腸では消化・吸収の90%が行われ、だいちょうでは主に水分の吸収と便の形成が行われています。

消化・吸収以外にも、免疫、解毒、代謝、合成といった役割も持っています。

小腸・大腸の主な疾患・症状

  • 腸閉塞
  • 感染性腸炎
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 腸結核
  • 虫垂炎
  • 薬剤性大腸炎
  • 虚血性大腸炎
  • 大腸憩室
  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 消化管ポリポーシス
  • 大腸・小腸神経内分泌腫瘍
  • 過敏性腸症候群
  • 腹部ヘルニア・鼠径ヘルニア
  • 腸下垂

直腸・肛門

  • 痔核
  • 痔瘻

 

肝臓

肝臓は胆汁の分泌、解毒、貯蔵、代謝、合成など様々な作用を行っています。

臓器の中で最も大きく、成人では1kgから1.4kgほどの重量があります。

臓側腹膜で覆われ、臓側面には胆嚢が存在しています。

左葉と右葉に分けられ、胃に接している部分は胃圧痕、腎臓に接している部分は腎圧痕、結腸に接している部分は結腸圧痕と呼ばれます。

肝臓の主な疾患・症状

  • 急性肝炎
  • 劇症肝炎
  • 慢性肝炎
  • 肝硬変
  • 肝不全
  • 原発性胆汁性肝硬変
  • 薬物性肝障害
  • アルコール性肝障害
  • 自己免疫性肝炎
  • 脂肪肝
  • 肝膿瘍
  • 原発性肝がん
  • 肝細胞がん
  • 肝内胆管がん
  • 転移性肝がん
  • 門脈圧亢進症

 

胆道

胆管、胆嚢、胆嚢管を胆道と呼びます。

肝臓で作られた胆汁が十二指腸に届くまでの通り道です。

胆嚢で短銃を貯留し濃縮、十二指腸へと送り出します。

胆道の主な疾患・症状

  • 胆石症
  • 急性胆嚢炎
  • 急性胆管炎
  • 原発性硬化性胆管炎
  • 先天性胆道拡張症
  • 胆嚢がん
  • 胆管がん

 

膵臓

膵臓は消化酵素を含む膵液、インスリンやグルコガンなどのホルモンを分泌する臓器です。

膵臓の病気は早期発見が難しく、予後不良のものが多いです。

膵臓の主な症状・疾患

  • 急性膵炎
  • 慢性膵炎
  • 自己免疫性膵炎
  • 膵がん
  • 膵嚢胞性腫瘍
  • 膵神経内分泌腫瘍

 

腹部

  • 急性腹膜炎
  • 腹膜中皮腫
  • 後腹膜腫瘍

 

 

消化器系関連外部リンク