甲状腺機能低下症

成人女性の約10%が甲状腺機能低下症と推定されているほど症例が多い疾患です。

 

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンの作用不足によって、全身に多様な症状がみられる疾患の総称です。

大半の甲状腺機能低下症は橋本病が原因疾患のようです。

どこが病変化によって、原発性、二次性、三次性、甲状腺ホルモン不応症に分けられます。

原発性甲状腺機能低下症

甲状腺のT4・T3というホルモン産生が低下することが原因でおこります。

橋本病や甲状腺ホルモン合成障害、ヨード欠乏・過剰などにより引き起こされます。

二次性甲状腺機能低下症

下垂体でのTSHホルモン産生の低下により、甲状腺でのホルモン分泌が低下することが原因です。

下垂体腺腫やシーハン症候群などが原因疾患です。

三次性甲状腺機能低下症

視床下部のTRHホルモン産生の低下により、下垂体でのTSHが低下、甲状腺のホルモン分泌が低下することが原因です。

視床下部腫瘍、放射線療法後が起因しています。

甲状腺ホルモン不応症

全身の甲状腺ホルモンの受容体異常が甲状腺機能低下症をもたらします。

潜在性甲状腺機能低下症

TSHホルモンのみが高値でほかのホルモンは正常範囲内の場合を潜在性甲状腺機能低下症といいます。

加齢に伴って増加し、進行すると認知能力の低下や動脈硬化が進むと考えられています。

 

甲状腺機能低下症の症状

成人の症状では粘液水腫と呼ばれる、皮膚や眼瞼、顔面等に圧痕を残さない浮腫が現れます。

粘液水腫の他の症状では心拡大、難聴、無関心様表情があります。

甲状腺の機能低下により代謝が低下するので、思考力低下や認知機能低下、皮膚の乾燥、低体温、筋力低下や便秘、頻脈、月経過多も症状として現れます。

 

病院での治療

サイロキシン(サイロキシンT4製剤)を投与する、甲状腺ホルモンを補う治療を行うようです。

 

当整体院での施術

甲状腺疾患を専門とする当整体院では、全身が繋がっていると考え、全身を整え、自己回復力が最大限働くようアシストする施術を行っています。

甲状腺機能低下の原因となるトラブルがどこから来るのか、全身を検査してから整えています。

お薬に頼るより、ご自身の自然治癒力の方が、お身体に合うと思いませんか?

甲状腺ホルモンを補充する治療ではホルモン分泌が低下している原因を治療できてません。

大元の原因に施術できる当整体院ならではの専門整体をぜひ。

 

甲状腺機能低下症でお悩みでしたら、仙台市青葉区の内分泌系専門整体、伊達な整体院にご相談ください。

 

内部リンク