甲状腺腫瘍・甲状腺がん

当整体院では癌に対する民間療法として、自然治癒力・自己回復力を高める施術を専門的に行っています。

 

甲状腺腫瘍

甲状腺腫瘍は良性腫瘍と悪性腫瘍に分けられます。

さらに悪性腫瘍では、甲状腺がんと悪性リンパ腫に分けられます。

また甲状腺がんは乳頭がん、濾胞(ろほう)がん、髄様がん、未分化がんに分けられています。

それぞれ異なる特徴を持ち、別の疾患と考えられています。

 

乳頭がん

甲状腺腫瘍の中で9割ほどを占めます。

30代から50代に好発し、ほとんど症状が無い場合や結節が現れます。

予後が良好で、10年生存率は95%と高いようです。

リンパ節や肺への転移に注意が必要です。

 

濾胞がん

甲状腺腫瘍の5%が濾胞がんだと言われています。

症状は乳頭がんと同じく、結節や無自覚です。

良性腫瘍の濾胞性腫瘍との鑑別が困難なのが特徴です。

予後は乳頭がんにつぎ良好で、10年生存率は85%です。

肺・骨・肝臓への転移に注意が必要です。

 

未分化がん

甲状腺腫瘍の1から2%が未分化がんで60歳以上に好発します。

急速に増大する結節と疼痛が症状です。

全ての悪性腫瘍のなかで最も予後が悪いとされ、10年生存率も0%です。

周囲への直接浸潤転移、リンパ行性・血行性転移に注意が必要です。

 

髄様がん

固い甲状腺腫が特徴です。

血清カルシトニン値と血清CEAが上昇します。

傍濾胞細胞由来で、三分の一に遺伝性があり、遺伝子診断が可能です。

予後は比較的良好で、10年生存率は80%です。

 

悪性リンパ腫

甲状腺腫大が比較的急速です。

橋本病の合併症となる場合が多く、B細胞リンパ腫がほとんどのようです。

予後は良好とはいえず、10年生存率は50%から70%と言われています。

 

甲状腺腫瘍の治療

疾患ごとに異なる治療法が行われます。

甲状腺摘出と頸部リンパ節郭清をおこなう外科手術、放射線治療、化学療法が行われます。

当整体院の施術

甲状腺疾患・腫瘍専門整体院の当院では、自己免疫力の強化、自然治癒力を後押しする特殊な施術を行っています。

リンパ組織や濾胞上皮細胞といったレベルまでアプローチし、自己回復力を高めます。

病院での癌治療とともに、代替療法でのアプローチでさらなる予後良好を目指してください。

 

甲状腺がん、悪性リンパ腫などの甲状腺腫瘍は、仙台市青葉区の癌専門整体、伊達な整体院にご相談ください。

 

 

内部リンク

外部リンク