虚血性大腸炎

消化器系症状専門の伊達な整体院では虚血性大腸炎も専門的に対応しています。

 

虚血性大腸炎

何らかの原因により、腸間膜動脈の末梢枝が血流障害を起こすことによって大腸粘膜が虚血し、大腸粘膜が発赤、びらん、潰瘍、壊死する疾患が虚血性大腸炎です。

高齢者に多いようですが、最近では若年層に増えてきています。

 

腸管内の血管以上に加え便秘やいきみ等による腸管内圧の亢進が原因になります。

 

虚血性大腸炎の大部分は一過性ですが、狭窄型・壊死型もあります。

一過性の場合は2週間ほどで治癒し、再発はないようです。

 

急性腸間膜動脈閉そく症や腸間膜静脈血栓症も腸管の血流障害によって引き起こされます。

 

病院での検査・治療

大腸内視鏡検査にて、浮腫や発赤、潰瘍を確認します。

さらに腹部造影CT検査にて腸管の状態や粘膜浮腫を確認します。

 

一過性の虚血性大腸炎の場合は、安静・絶食・補液などの保存的治療が行われます。

壊死型では罹患部や腸管の切除が必要となります。

 

 

当整体院のアプローチ

消化器系専門で、動脈などの循環器系にもアプローチできる当整体院の施術は、虚血性大腸炎の症状は得意分野です。

病院では検査しない腸間膜動脈末梢枝の血流障害の原因まで調べています。

 

虚血性大腸炎の起こりやすいグリフィス点とズデック点といった好発部位も詳細に検査し、再発防止のアプローチを行っています。

 

血流障害がある場合は、他の循環器系にもトラブルがある場合が多いので、動脈硬化や、心臓のトラブル、脳の血管の状態なども調べることが出来ます。

他の整体や療術と違い、内臓・血管・血液にまで施術できる当院の整体をおススメいたします。

 

虚血性大腸炎でしたら、仙台の消化器系専門整体、伊達な整体院にご相談ください。

 

内部リンク