食道アカラシア

仙台の伊達な整体院は食道アカラシアにも対応する数少ない消化器系専門整体院です。

食道アカラシアは10万人に1人が罹患するまれな病気で、成人に罹患者が多いのが特徴です。

 

食道アカラシア

食道の異常拡張により、食べ物が胃へと通過できない症状です。

食道の蠕動運動と下部食道括約筋の機能障害が起因しています。

 

これらの運動障害がどうして起こるのか今のところ原因は不明です。

消化管を支配しているアウエルバッハ神経叢が関係していると考えられています。

 

X線造影検査により下部食道括約筋の状態を確認して、弛緩不全や食道拡張が見られた場合に食道アカラシアと診断されるようです。

初期の場合は食道内圧検査の方が有用だとされています。

 

食道拡張の型により、紡錘型、フラスコ型、S状型に分類され、拡張度により1度(3.5cm)、2度(3.5-6.0cm)、3度(6.0cm以上)に分類されています。

食道アカラシアの症状

食道アカラシアでは、喉に溜まった食べ物により粘膜に炎症を起こします。

胸部の不快感や胸痛、逆流性食道炎、誤嚥性肺炎といった症状が現れます。

悪化すると潰瘍や食道がんが併発する場合もあります。

 

病院での治療

内視鏡を使用した拡張術や腹腔鏡での治療が行われています。

 

弛緩を目的とした薬物療法も行われています。

カルシウム拮抗薬は下部食道括約筋の筋圧を低下させる効果があるそうです。

他にも漢方薬が処方されることがあるようです。

 

食道アカラシアへのアプローチ

伊達な整体院は食道アカラシアも対応する消化器系専門の整体院です。

当整体院では食道アカラシアの原因を調べることから始めています。

例えば食道アカラシアの原因がアウエルバッハ神経叢だとしたら、アウエルバッハ神経叢の機能トラブルの原因も調べています。

もしかしたら下部食道括約筋のトラブルの原因はもっと別のところにあるかもしれません。

当整体院では精神的ストレスとの関連も検査項目にいれています。

より詳しい検査で、より詳しい施術を行っています。

 

消化器系の症状を民間療法で対応する療術院は少ないです。

内臓機能にもアプローチできるのが強みです。

消化器系専門整体を行う当整体院なら食道アカラシアも対応しています。

当整体院の整体院らしからぬ施術をぜひご検討ください。

 

食道アカラシアでお悩みなら、仙台市青葉区の伊達な整体院にご相談ください。

 

 

内部リンク

外部リンク