胃潰瘍・十二指腸潰瘍

消化性潰瘍と総称される胃潰瘍と十二指腸潰瘍に対して、仙台市の伊達な整体院では専門的に施術しています。

 

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は分泌された消化液によって粘膜組織が欠損した状態です。

潰瘍の深度により、UI-I、UI-II、UI-III、UI-IVに分類されています。

粘膜のみ欠損している場合はびらん、粘膜筋板より深く欠損している場合は潰瘍と診断されます。

 

胃潰瘍では胃体部小彎側に、十二指腸潰瘍では幽門から球部にかけて好発します。

 

出血・狭窄・穿孔が潰瘍の三大合併症と呼ばれ、要注意です。

 

飲酒喫煙やストレスも胃・十二指腸潰瘍の誘因になりますが、ヘリコバクター・ピロリ菌への感染が一番の原因です。

他にも非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の服用による副作用によってNSAIDs潰瘍もあります。

 

適切な治療により、予後は比較的良好のようです。

 

胃・十二指腸潰瘍の症状

主な胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状は胃痛が代表的です。

嘔吐や吐血、貧血、食欲不振・体重減少、胸やけ、悪心などがあります。

 

消化管の漿膜まで穴があいた消化管穿孔になると、急性腹膜炎の症状が現れます。

 

病院での治療

まずはX線造影検査や内視鏡検査により、消化管壁の欠損や潰瘍の確認を行い、他の病気との鑑別が行われます。

ピロリ菌検査をして感染が確認されると最優先で除菌の治療が行われます。

内視鏡を使った止血術や患部を切除する外科的治療が行われ、粘膜を保護する胃酸分泌抑制薬を用いた薬物療法も行われるようです。

 

伊達な整体院の施術

当整体院では胃潰瘍・十二指腸潰瘍を専門的に施術が出来る特殊な民間療法の整体院です。

胃・十二指腸潰瘍の原因検査を詳細に行うことが出来ます。

 

細菌の感染がある場合は、免疫機能が最大限発揮されるよう、自然回復力を高め、自然治癒を促します。

さらには、消化器系に負担となる精神的ストレスや飲酒・喫煙などのダメージも整え、胃と十二指腸が正常に働ける環境を整える施術をしています。

薬や外科的治療に抵抗がある方におススメです。

 

当整体院では全身施術が基本ですので、胃・十二指腸潰瘍を整えた後、循環器系や肩こり、関節の不具合、骨盤のゆがみを整えます。

身体全体が繋がっていると考えていますので、トラブルの原因となりそうな部位は極力少ない方が良いと思っています。

 

胃潰瘍・十二指腸潰瘍でお困りなら、仙台市青葉区の伊達な整体院にぜひご相談ください。

 

 

内部リンク

外部リンク