慢性胃炎

仙台の伊達な整体院は慢性胃炎にも対応する消化器系専門の整体院です。

 

慢性胃炎

長期間持続的、または繰り返し胃粘膜に炎症をお越している状態です。

胃粘膜の状態により4つに分類されています。

  • 表層性胃炎
  • びらん性胃炎
  • 肥厚性胃炎
  • 萎縮性胃炎

表層性胃炎から萎縮性胃炎へと悪化・進行します。

萎縮性胃炎はA型胃炎とB型胃炎に分けられています。

日本では主にB型胃炎でその原因はピロリ菌感染と考えられます。

 

萎縮性胃炎が進行すると、胃粘膜が腸粘膜のように変化する腸上皮化生が見られる場合があります。

さらに悪化すると胃がんのリスクが高まります。

 

症状としては、腹痛、吐き気、腹部膨満感、胃もたれ、食欲不振などがあります。

自覚症状が無い場合もあります。

 

慢性胃炎は胃がんのリスクが高めますので、適切な治療が大切です。

病院での検査・治療

内視鏡検査や病理組織検査が行われます。

内視鏡検査では、表層性変化と萎縮性変化、腸上皮化生の有無が調べられます。

通常の観察の他、染色をするインジゴカルミン染色法も行われます。

病理組織検査では、A型・B型胃炎の判別や重症度判別が行われます。

 

ピロリ菌感染がある場合はピロリ菌除菌治療が行われます。

胃炎の治療では胃酸分泌抑制薬や粘膜保護薬等が使われる薬物療法が行われています。

 

伊達な整体院の施術

消化器系専門の当整体院では、慢性胃炎の原因を丁寧に検査し、その原因にアプローチする施術を行っています。

慢性胃炎の多くはピロリ菌感染が原因ですが、自己免疫を高め、細菌感染で弱くなった胃の状態を整えます。

 

胃炎による炎症や腸上皮化生なども整え、慢性胃炎からの自己回復力を高めます。

中にはストレスなどの精神的なものからくる胃炎もありますので、精神的要因も整える施術を行っています。

 

慢性胃炎でお悩みでしたら、消化器系専門の仙台市青葉区、伊達な整体院にご相談ください。

 

内部リンク

外部リンク