胃食道逆流症

仙台の伊達な整体院は胃食道逆流症に対し、専門的な施術をしている整体院です。

内臓の症状が得意な当院の整体をぜひ、ご検討ください。

 

胃食道逆流症

胃食道逆流症は胃液・胃酸を含む胃の内容物が食道へ逆流し、食道の粘膜にトラブルが発生し、不快な症状が現れる病気の総称です。

逆流性食道炎や、びらん性胃食道逆流症があります。

 

下部食道括約筋の機能低下による弛緩が原因とされています。

さらに食道や胃の蠕動運動の低下も胃食道逆流症の原因として考えられます。

また食生活や生活習慣に起因することが考えられ、糖分や脂質、味の濃いものの摂りすぎに注意が必要です。

 

重症度により、Grade N、Grade M、Grade A、GradeB、Grade C、Grade Dに分けられています。

 

肥満の男性で喫煙をする方、痩せ形の若い女性に多いと言われています。

 

胃食道逆流症の症状

代表的な症状として、胸やけや酸っぱい胃液が逆流する酸逆流症状、呑酸、喉のつかえ等があります。

ほかにも慢性的な咳、のどの違和感、胸痛、声のかれといった症状もあります。

 

病院での検査・治療

胃食道逆流症が疑われる場合は、内視鏡検査で食道胃接合部周辺を確認し、発赤や潰瘍、びらんなどがあるか検査します。

他には食道株のpHを計測し、胃酸の逆流の有無等を調べる24時間pHモニタリング検査が行われます。

 

治療としては、薬物療法、外科的療法が代表的です。

薬物療法ではプロトンポンプ阻害薬という薬が使われ、他にも消化管運動機能改善薬や粘膜保護薬が処方されます。

外科療法では食道を胃を巻きつけるように縫合するニッセン法が行われています。

 

伊達な整体院の施術

当整体院では胃食道逆流症の原因がどこにあるのかを検査しています。

とくに胃の始まりである噴門にトラブルがあることが多く、そこへ施術できる点が消化器系専門である当整体院の強みです。

さらにはストレスなどの精神的要因、脳からの信号のトラブル等、全身の状態をチェックして施術しています。

もしかすると胃食道逆流症の原因は意外なところから来ているかもしれません。

 

胃食道逆流症は食道腺がんのリスクを高めます。

さらには頭痛の原因や集中力の低下につながりますので、原因を見つけて整える当整体院の施術をおススメいたします。

 

胃食道逆流症でお困りでしたら、仙台市青葉区の消化器系専門の伊達な整体院にご相談ください。

 

 

内部リンク

外部リンク