潰瘍性大腸炎

消化器系の症状の一つ、潰瘍性大腸炎も伊達な整体院では専門的に施術しています。

 

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は毎年8,000人ほど増加している日本で一番多い特定疾患です。

原因が分かっておらず、根治可能な内科療法は今のところありません。

喫煙が発病リスクとして知られています。

 

大腸の粘膜にびらんや潰瘍が形成されますが、大腸以外には形成されません。

症状が一度改善されても、再燃することが多く、活動期と寛解期に分類されています。

活動期には、血便があり、びらんや潰瘍がある状態です。

寛解期では、血便が無く、びらんも潰瘍も活動期に比べ落ち着いている状態です。

 

炎症の部位により、直腸炎型、左側大腸炎、全大腸炎に分類されます。

 

主な症状として、血便、下痢、発熱、体重減少があります。

合併症を伴うことが多く、悪性腫瘍や関節炎、壊疽性膿皮症、結節性紅斑、膵炎などがあります。

 

20代が発病のピークですが、どの年齢層にもみられるようです。

経年により大腸がんのリスクが高まります。

 

病院での治療

大腸内視鏡検査やX線造影検査、血液検査が行われます。

主に内科的治療が行われていますが、完治はほとんどありません。

 

薬物療法、血球成分除去療法が行われます。

炎症を抑え、症状を緩和することが目的です。

重症な場合は、外科的治療が行われる場合があるようです。

 

症状の再燃が多いため、定期的な内視鏡検査が推薦されます。

 

伊達な整体院のアプローチ

民間療法を行う伊達な整体院では特殊なアプローチを行っています。

最大の特徴として、脳や内臓機能、ストレスなどにも対応できる点です。

潰瘍性大腸炎にも専門的な施術技術で対応いたします。

 

当整体院では潰瘍性大腸炎の原因がどこから来ているのか、詳しく検査しています。

精神的なストレスからくるのか、免疫系の異常なのか、他の要因なのか原因の原因まで調べていきます。

 

例えば炎症の原因が、免疫反応のトラブルだとしたら、どうしてそのトラブルが起こったのかを検査し、そこにアプローチします。

お持ちの自己回復力や自然治癒力が最大限働くようにお身体を整えていきます。

全身が整っていないと、どこかしらに症状として出てくる場合がありますので、全身を整えるのが当整体院の施術法です。

 

消化器系疾患の潰瘍性大腸炎でお悩みでしたら、仙台市青葉区の伊達な整体院にぜひご相談ください。

 

内部リンク

外部リンク