食道がん

伊達な整体院では、食道がんなどの癌に対し、免疫力を高め自然治癒力が最大限発揮される状態に体を整える特殊な整体院です。

病院での治療と同時に、あるいは代替療法として、当整体院の民間療法をご検討ください。

 

食道がん

名前の通り、食道の内側組織に発生するがんです。

日本では毎年10,000人以上が食道がんに罹患しているそうです。

早期治療お行った場合は予後良好ですが、食道がん発見が遅くなった場合はあまりよくありません。

 

食道の粘膜は扁平上皮でできていますので食道がんの90%が扁平上皮がんです。

他には腺上皮に発生する腺がん、肉腫や悪性黒色腫があります。

欧米では腺がんが増加してきています。

 

食道は頸部食道、胸部(胸部上部・胸部中部・胸部下部)、腹部食道に分けられますが、胸部中部に出来る食道がんが最も多く、食道がんn80%ほどが胸部中部・胸部下部食道に発生します。

食道内にがんが多発し、咽頭がん・喉頭がん、胃がんも重複する場合が多いようです。

食道には漿膜が無く、食道周辺にはリンパ節が多いことから転移を起こしやすいです。

 

食道がんは癌の進行度によって分類されています。

粘膜下層でとどまっているがんを表在がん、固有筋層から外側に達しているものを進行がんと分類しています。

さらに表在型はⅠ、Ⅱ、Ⅲ、進行型は1、2、3、4型に分けられています。

 

50代以降の男性に好発し、喫煙・飲酒が発生因子と考えられています。

また熱いものや辛いものなど、粘膜を刺激するものも食道がんの発生リスクを上昇させます。

さらには腺がんでは、胃食道逆流症(逆流性食道炎)やバレット食道、肥満もリスクを高めます。

 

食道がんの症状

食道がん初期では無症状であることが多く、発見が大幅に遅れる場合があります。

飲食物がしみたり、つかえる感覚、体重減少、胸やけ、胸痛、咳、声のかすれなどが現れます。

 

病院での検査・治療

食道がんが疑われる場合、X線造影検査、内視鏡検査、PET/CT、超音波内視鏡、病理組織検査が行われます。

病院では食道がんの進行具合、全身状態を踏まえ治療が選択されます。

早期がんに適用する内視鏡治療、抗がん剤と放射線を併用する化学放射線療法、外科的治療が行われます。

他にも免疫細胞療法、陽子線・重粒子線治療があります。

 

当整体院の食道がんへの施術

伊達な整体院は免疫機能を高める特殊な施術を行っています。

食道がんなどの癌になる方は、自然治癒力が止まっている、または弱くなった状態と考えています。

この自然治癒力・自己回復力を高めてあげれば、癌は自然に小さくなるというのが当院の考え方です。

 

自然治癒力が止まってしまった原因はどこにあるのか、また、飲酒や喫煙などによるダメージも綺麗にしながら、お身体の状態を免疫力が一番働くように整えます。

 

食道がんは、仙台市青葉区の特殊整体院、伊達な整体院にご相談ください。

 

 

内部リンク